渡辺雅子著『納得の構造』は(あまり)役立たない

少し古い文章の再掲です。

PISAのアホな出題 検討されない「語彙の意味」の後半で示唆されていた事柄があります。その事柄とは、「納得させる」という単語の意味が日本語と英語とでもし著しく異なっていた場合その単語が選択肢に含まれた試験成績の国際比較なんて本当にできるの?、というものでした。

たとえば、虹の色数からして言語体系によって異なることは周知の事柄です。あるいは日本の青信号が緑色でありながらそうは表現しないことも周知の事柄です。昔は虫のなかに蛇も含まれていたとか、犬のなかに狼も含まれていたとか、いくらでもそういうことは言い募れます。日本語では「お湯を沸かす」と言いますが、「水を沸かす」と表現する言語もきっとあるでしょう。物的な事象ですらこうですから、まして「納得させる」という単語の意味用法が万国共通の取り違えようのない明確不動なものである、などと言えないことはあまりにも明らかです。

さて以下では、そのことを述べるための典拠としては渡辺雅子著『納得の構造』(2004,東洋館出版社)はあまり役立たないのだ、というつまらない自論を述べます。ようするに、この本を根拠にして「“納得させる”の意味は日本語と英語とで違う」ということをきちんと述べることは無理だ、ということを述べます。非常に限られた読者以外にはなんの興味ももてない話題だと思います。

今多くの読者が関心があるとしたらたとえば次のような問題です。現在の文章教育のなかには「結論を先に書け。パラグラフの最初を必ず結論にせよ」という教条があります(例:倉島保美・戸田山和久・等)。何かものを述べるときはたとえば「浅田真央はアイドルである。なぜなら実力が無いからだ」というふうに書け、まちがっても「浅田真央は実力が無い。したがって浅田真央はアイドルである」とは書くな、ということになるわけです。万が一皆さんは知らなくても、皆さんのお子さんのなかにはこのように教わっている(いた)生徒が必ず含まれています。だからこういう生徒の文章を眺めると「なぜなら」ばかりが頻発し、「したがって」「だから」「そういうわけで」といった接続詞はまちがっても見られないはずです。

『納得の構造』に書かれているのも、それと類同的な事柄だろうと思う人がいるのかもしれません。たとえば、

「浅田真央はアイドルである。なぜなら(=because)実力が無いからだ」という主張なら「論理的」でありアメリカの生徒はそのように皆書くが、日本の生徒は「浅田真央は実力が無い。したがって(=therefore)浅田真央はアイドルである」という「非論理的な」主張を書く。本当ならこれは日米で「物事を納得するときの順番が違うからだ」と説明されるべきだ。しかし実際にはこの違いが日米の文化差ではなく能力の差であるとされ、「アメリカの生徒は論理的だが日本の生徒は非論理的である」とされてしまっている。
ということが書かれていると思うのかもしれません。しかし、違います。そういうことは書かれていないのです。

上記のように書かれているという予断は、著者の渡辺が「叙述の順番」という語を折に触れて使うことから来ています。しかし著者は、「なぜなら/したがって」とか「because/therefore」とかの相違といったテーマに実際にはまったく触れていません。実際に登場するのは、「Aなぜなら(because)B」と述べるアメリカ人生徒と「Aそして(and)BそしてCそしてD」と述べる日本人留学生の対比に過ぎません。becauseを使った論文が認められて、thereforeを使った論文に対して「No Ability」と断定されたわけではありません。「No Ability」と断定されたのは「Aそして(and)BそしてCそしてD」という叙述の仕方に関してです。だからこれは叙述の順番とか、思考の順番という話題ではありません。「because」と「and」の違いに過ぎないのです。順番の話ではないのです。ですから、もし日本人留学生が「therefore」を頻発して結論がパラグラフの最後に必ず来るように統一して書けば、「No Ability」と判定されなかった可能性はあるわけなのです。

いや、まったくもって日本の生徒やその親が知りたいのは「therefore」を頻用して、結論を首尾一貫してパラグラフ最後に述べる論文がアメリカ人にどう判定されるかなのにもかかわらず、そういう関心には応えていない本なわけです。

またもちろん「したがって」「だから」といったいかにも自然な日本語の単語を一切使ってはならず、使ってよいのは「なぜなら」などという単語感ゼロ(複合語感満載)の変な接続詞だけだ、という問題も扱ってはいません。別名、「“because”に対応する自然な日本語の訳語が存在しない問題」とも言います。そういう問題の存在に気づいている気配が無い本なのです。

この本に対してはほかにもいろいろ苦情はあります。たとえば「因果律って言うな。原因と理由とはきちんと区別しろよ」とか「演繹的作文というときの演繹的には必ず括弧をつけて“演繹的”作文とかいうふうに表記しろよ。それって演繹じゃないだろ」とか、あります。また叙述のスタイルについて論じる本のくせに、著者自身は自身の叙述スタイルに気を配っている気がまったくしないのも難点です。まあきりがないので、一点だけあと述べます。

それは4コママンガとその説明文を読んで作文する出題に関してです。この出題調査から、「日本人生徒は時系列的に物事を把握するのに対し、アメリカ人生徒は因果関係で物事を把握する」というような総論にもっていきたいようなのです。ですがp29(やその周辺)の考察がおかしいです。

出来事の省略に関して日米で統計上有意な差が認められたのは、二つの課題を合計した場合の最初の出来事(出来事#1)と最後の出来事(出来事#4)だった。二つの課題の合計において、日本の児童は最初の出来事を最も省略しないのに対して、アメリカの児童は最後の出来事を最も省略しない傾向が見られる。この対比から、日本の児童は最初の出来事を重視するのに対して、アメリカの児童は最後の出来事を重んじる傾向があると言える。この結論は、日本の児童が条件課題でも、最初の出来事から順番に述べてゆくのに対して、アメリカの児童は結果に近接することがら(出来事#4)を原因として、選択して述べるという先の実験で確認されたパターンと呼応している。

次に省略の数を単純に比較すると、両国の児童ともに、自由課題より条件課題で多くの出来事の省略が見られた。しかしながら、アメリカの児童が自由課題に比べて条件課題で十一倍の省略を行ったのに対して、日本の児童では五倍強にとどまった。この二つの課題間での省略の変化のパターンからは、アメリカの児童の方が、二つの課題の「語る目的の違い」を明確に意識して作文の構造に反映させていると言える。

しかしこの考察をそのままストレートに受け取ってはいけません。というのは、出題文には次のような文言が記されているからです。p19の図2の最後の文言です。

(書く前にまず四つの絵をすべて見てから書き始めて下さい。)

まあ日本の児童だった人なら多くの人はわかると思います。↑こういう一言が書いてある課題で、どれかのコマを省略して書くことなど、よほどの度胸のある生徒でないとまず無理です。この一言は、「与えられた条件をできるだけ全部生かしなさい」という指示にほかならない、と日本の生徒なら受け取るはずだからです。そもそも一般に、日本の生徒は、「不必要な情報が書かれた試験」になじみがありません。試験に記載された情報ならできるだけすべて活用して解かないとならない、という試験にしかなじみがないのです。一方、アメリカの生徒はこの渡辺本の他の箇所から推察するに、その正反対です。「不必要な情報をきちんと省略できるかどうかを試す試験である」と思ってアメリカの生徒なら読むだろう、と推察できるのです。そういう教育に慣れています。

ようするにここにあるのは、日米の試験のあり方の違いであって、物語理解における叙述の順序効果という話ではない疑いが強いのです。その疑念だけ指摘しておきます。もちろん同じ疑惑はPISAにも指摘可能なわけです。というのも、PISAの出題にもまた、「与えられた情報をできるだけ活かそう」などと考えると脳がフリーズしてしまうような出題は有ったからです。

「納得させる」という語(と等値される英単語との間で)もきっと、日米とでその意味用法はしかるべく異なっていることでしょう。しかし、それについての知見を『納得の構造』から抽き出すのは無理があります。そしてまた、パラグラフライティングの擁護にも批判にもこの本の分析は中途半端なものだとも言えます。