ぶんかぶんか

目次

サイト名は、漢字で書くといちおう「文科文化」のつもりです。さて『ぶんかぶんか』では次の提言活動をおこなっていく予定です。

上記の4項目はいっけん無関係のように思えるかもしれません。しかし実は大いに関係があります。それはこうです。大学で学ぶ文科系の学問の成果が反映するような教科が小中高までの教科にほんの少ししか無い―この指摘が上記の4つの提言のすべてに共通しているのです。

国語力とされうる能力は国語という教科を学んでも少ししかつきません。これは国語科の内容策定に活用されている学問分野が限られたものしかないからです。

問題解決型学習に必要な能力も教科学習だけではつきません。これは、文科系の多くの分野が小中高の教育で活用されることが無いためです。そのため文科系の学問で蓄積されてきた技法や思考が教えられることなく終わっています。だから問題解決のスキルが充分つかないのです。

高校までの教科をまじめに学んでも大学選びの助けには少ししかなりません。なぜなら、大学で教えられている多くの学問分野が、高校までの教科学習で紹介も活用もきちんとされていないからです。

高校までの教科学習では有権者に有用な知識やスキルがほとんどつきません。なぜなら、現代の社会についての諸学問も、情報を識別するための知恵を与える諸学問も、高校までに教えられるものはごくわずかだからです。

ところで、国立大学の文系学部の存続が危ぶまれる2015年も過ぎ2016年になって、文科省は高校までの教科の大幅な改変を告知しました。当然のことながら、ここでの新科目には大学での学問の成果が充分生かされない、という可能性が大きく残っています。学問の基盤である大学自体が存続が危ういからです。したがって、新科目の見かけの斬新さにまどわされずに、実質的な内容や策定メンバーを注視する必要があると言えます。

そういうわけで、旧作も残しつつ提言や提案を少しずつ増やしていきます。